トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せサイトマップやす代ブログ


 
プロフィール

中川やす代

Author:中川やす代
株式会社童代表の中川やす代です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感性の本質は、求感性
芳村思風先生の
一語一会 
vol.1631
☆☆☆☆☆☆☆
理屈を越える力
☆☆☆☆☆☆☆
感性の本質は、求感性(ぐかんせい)。
今までは、感性=感受性とされてきました。
感受性は、消極的・受動的能力です。
求感性とは、自分が生きていくために必要な情報を自ら積極的に求めて感じ取ろうとする働き。
感受性を高めるには、求感性を高めることが大切です。
求める気持ちが強いほど、感受性が強くなるのです。
求めるから、感受できるのです。

また、感性から湧いてきたものをいかに形にしていくか
人の役に立つものとしていくかを
考えるのが理性です。

理性だけで、やりたいことや夢や理想を考え、
その実現方法を考えると、問題が出てきたら、すぐにあきらめてしまいます。
理性で考えたものなので、理屈を越えた力は、でてきません。

感性から湧いてきたものは、「難しいかもしれないけど、なんとしても実現したい」という気持ちがあるので、
理屈を越えた力がでてくるのです。
理性を使って考え、肉体を使って実践して、感性から理屈を越えた力を引き出すのです。

感性と理性は、バランスではなく、感性と理性の協力関係をつくることが大切なのです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yasawara.blog87.fc2.com/tb.php/1063-247bb383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せ サイトマップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。