トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せサイトマップやす代ブログ


 
プロフィール

中川やす代

Author:中川やす代
株式会社童代表の中川やす代です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感性経営の5原則
芳村思風先生の
一語一会 
vol.1622
おはようございます。
☆☆☆☆☆☆
感性経営の5原則
☆☆☆☆☆☆
・第1原則・・・利益の出る仕組みをつくり続ける 
経営者は、よい商品を作るだけでなく、売れる仕組みづくりが経営者の仕事。

・第2原則・・・よりよい方向性へ変化し続ける
「経営とは、より良い方向性への変化作り出し続けること」
経営者にとって、大切な経営能力は、よりよい方向性への変化を
作り出し続けることによって、社員に未来への夢と希望を与えること。
経営者は、仕事をしてはならない、経営をする。

・第3原則・・・問題を乗り越え続ける 
人間は、不完全だから、問題が出てきてあたりまえ。
問題がないことが良いのではなく、出てくる問題を乗り越え続けることが大切。
問題が出てきても、自分が決めた道が間違えていたのではない。
どの道を選んでも、問題は出てくるということを知ること。


・第4原則・・・感性から湧き出した理念を大事にする 
理念とは、人間と会社が発展成長することができる精神的原理のこと。
理念は、時代や、会社の状況、社員の状況などに合わせて変化させる。
固定させなければいけないものではない。

感性論哲学から見た経営理念
基本理念「すべてはお役立ちのために」
行動理念「最高の満足を与え、最大の信頼を得る。そのために努力しよう。」


・第5原則・・・本業を通して会社と社員を発展成長させる
経営者は、第一に「社員満足」をあげるための努力をする。顧客ではない。
社員は、顧客の満足度を上げる努力をする。



満足の4つの方向性
1.顧客満足度 2.株主満足度 3.取引先満足度 4.社員満足度
この4つのバランスが大切。


・仕事とは、人に喜んでもらえるような仕事の仕方が
できる能力と人間性を持った人間に、人間を鍛え上げるもの。

すべての職業は、愛の実践である。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yasawara.blog87.fc2.com/tb.php/1055-c649d9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せ サイトマップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。