トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せサイトマップやす代ブログ


 
プロフィール

中川やす代

Author:中川やす代
株式会社童代表の中川やす代です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分のつかみ方
芳村思風先生の
一語一会 
vol.1608
今月は、カレンダーの言葉です。
☆☆☆☆☆☆
自分探しは、する必要はありません。
ほんとうの自分とは、今日これからつくられていく自分なのですから。
☆☆☆☆☆☆
現在の自分をつかむためには、与えられた現実に対して抱く疑問や異和感を通してしかありません。
「何がしたいかわからない」というときは、自分自身が自分を抑圧して、自分が出せないという状態です。
現実は、他人によって作られた社会です。
ものごころついたときから、その社会に何の疑問も感じないということは、
その人間には、自分らしさがない、個性がないということです。
まったく不満も疑問も感じないときは、まだ個性が磨きだされていないか、
学校教育において完成が抑圧され、規制の固定観念、知識だけを与えられ、
保守的な精神性に馴らされてしまっているからです。

自分が出てくるようになれば現実のいろいろなところに疑問や納得できないことが感じられてきます。
その感覚が、「現実の自分」です。
この現実に対して「ちょっとおかしい」という疑問や異和感を感じることが大切なのです。
これが固定観念を打破するキッカケなのです。

ほんとうに自分は、理性ではつかめません。
感性の実感という理屈を超えた方法でしか自分をつかめません。

異和感を感じるところに、自分の使命がありのです。

自分探しは、する必要はありません。
ほんとうの自分とは、今日これからつくられていく自分なのですから。

※異和感とは・・・感性論哲学独自の用語。辞書では、「違和感」。
異和感とは、違うのではなく、異なるだけ。違いは、対立を生む。



やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yasawara.blog87.fc2.com/tb.php/1040-e0d0d02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トップページサービス内容会社案内個人情報保護方針お問い合せ サイトマップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。